化粧品に酸化防止剤は必要?その役割と副作用について調べてみた…

私たちが普段、使っている化粧品には肌を健やかにする成分の他に、化粧品の品質を保つための成分が含まれています。

もし、それらの成分が配合されていなかったら、化粧品にカビが生えたり腐ったりと品質に問題が起こってしまいます。

その状態の化粧品を使用してしまったら…
肌はひどい状態になるのは想像できるかと思います。

それを防ぐために、色々な成分が化粧品には含まれていますが、今回は酸化防止剤に焦点を当てて、調べてみました。

どの様な役割を担っているのか、また副作用についてなど、まとめてみたので化粧品を購入する際の参考にして頂ければと思います。

酸化防止剤とは?

酸化防止剤

酸化防止剤とは、物質が空気中の酸素を取り込んで酸化するのを防ぐ薬剤のことを言います。
鉄がサビつくのを見たことがあると思います。あれも空気中の酸素と鉄が反応して酸化=サビが起こってしまっているのです。

鉄だけでなく、食品や化粧品、私たちの体も酸化しているのです。

私たちが使用している、化粧品の成分には空気中の酸素によって酸化しやすい成分が多く含まれています。
例えば、油脂やビタミンC誘導体、香料や界面活性剤などがあげられます。

それらの成分が酸化してしまうと、アルデヒドや低級の酸などの物質が作られ、酸敗臭と呼ばれる悪臭を発し、肌への刺激を与えたりするのです。

化粧品が酸化すると肌トラブルの原因になるために、酸化防止剤がほとんどの化粧品に使用されています。
例外として、防腐剤フリーと表記されている化粧品には、酸化防止剤に変わる別の成分を使用していることがありますので、覚えておきましょう。

化粧品に含まれる代表的な酸化防止剤

化粧品

酸化防止剤は化粧品には必要な成分ですが、配合されている酸化防止剤によって特徴が異なります。
それぞれを詳しく見ていきましょう。

BHA

BHAは、ブチルヒドロキシアニソールという酸化防止剤です。
配合されている製品⇛「化粧水、乳液、クリーム、日焼け止め、洗顔料、ファンデーション、マスカラ、口紅、アイシャドウ」など

水には溶けず、多価アルコールやオイルなどに溶ける性質があります。
もともとは、油脂製造用の原料油の酸化を防止するために使われていました。海外から輸入される魚介類や油脂の加工などに使用されていたこともあります。

BHAの効果をより引き出すためにBHTと併用され、耐熱安定性にも優れています。
敏感肌の人は、刺激アレルギー反応が起こることが確認されており、安全性の面から使用が控えられています。

また、食品に多く使用されていたのですが、発がんが疑われているため、日本ではほとんどの食品に使用されなくなっています。

BHT

BHTは、ブチルヒドロキシトルエンという酸化防止剤です。
配合されている製品⇛「化粧水、乳液、クリーム、日焼け止め、洗顔料、ファンデーション、マスカラ、口紅、アイシャドウ」など

BHTは、水に溶けにくい性質を持っています。
酸化防止剤の中では安価なため、昔から使用されてきました。

特に、食品系が多くBTAの様に、油脂や魚介加工製品、マーガリンやガム、など身近な食品にも使用されています。

今では、BHTは食品だけではなく化粧品や医薬品などもに使用されています。

副作用の面で、発がん性は認められていないのですが…100%安全とは言えません。
BHTには変異原性があります。
※変異原性とは遺伝子を持つ細胞を変異させることを言います。

それらの不安材料があるため、使用しないメーカーも増えてきています。
ちなみに、スエーデンやオーストラリアでは仕様が禁止されている防腐剤です。

トコフェロール

配合されている製品⇛「化粧水、乳液、クリーム、ローション、ベビーローション、美白クリーム、育毛剤」など

トコフェロール=ビタミンEのことを言います。
年生があり、黄色っぽい液体です。

こちらも水には溶けず、油脂やアルコールに溶ける性質を持っています。
抗酸化作用と肌の血液循環作用が優れているため、エイジングケア化粧品にも用いられる成分です。

抗酸化作用が高いことから、化粧品の酸化防止剤として配合されるようになりました。

没食子酸プロピル

没食子酸プロピルは、プロパノールでエステル化して生成されます。
酸化防止作用は強いのですが、鉄などの化合物の影響で変色してしまいます。

食品ではバターになどに使用されており、旧表示指定成分になります。

酸化防止剤は安全?

疑問を持つ女性

酸化防止剤は、全てが安全とは言えません。
中には、BHAの様に発がん性が疑われる成分もあります。

化粧品で使用されている酸化防止剤は、製品の酸化を防ぎ肌トラブルを回避する目的で使用されていますが、敏感肌やアレルギーを持っている方は、場合によって肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

とはいえ、日本で使用されている成分は極少量しか使用されていないことがほとんどなので、そこまで敏感になるこ必要はありません。

敏感肌の方などは、使用する化粧品のパッチテストを行い判断するのが一番良い方法ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

酸化防止剤は、化粧品を酸化から守るために必要な成分ですが、逆に肌トラブルの原因になることもあります…
また、食品にも多くの酸化防止剤が使用されていますので、気になる方はこの機会にぜひ成分表をチェックしてみてはかがでしょうか?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です