防腐剤は肌に悪いは間違い!その役割と必要性とは…

私たちが毎日、使用している化粧品のほとんどに、
防腐剤」が使用されています。

「防腐剤=肌に悪い」というイメージを持っている方もいるかと思います。

今回は、そんな防腐剤について役割や効果などを詳しく調べてみたので、今後のスキンケアの参考にして頂ければと思います!

防腐剤の役割とは?

試験管

私たちが使用している化粧品の成分には防腐剤が含まれています。
中には、防腐剤フリーと表記されているものもありますが、実際は防腐剤に変わる何かしらの成分が含まれています。

化粧品には肌に栄養を与える成分や保湿効果をもたらす成分など、数多くの成分が含まれていますが、防腐剤が入っていないとすぐに腐ってしまいます。

もし、腐った状態の化粧品を使用すると…
予想できますよね。

肌トラブルの原因になり、ニキビやシミなど酷いときには跡が残ってしまうことも。
その様なトラブルを抑えるためにも、必ず防腐剤が使用されているのです。

ちなみに、薬機法で定められている化粧品の規定では、3年間品質を保たなければならないとされています。
化粧品は、開封後にすぐ使い切ることはないので、開封後の期間も考えて定まられているのです。

化粧品に含まてる防腐剤の種類と特徴

防腐剤が含まれている化粧品

化粧品に含まれている防腐剤は、色々な種類があります。
その中でも、代表的な防腐剤を紹介していきますので、参考にして下さい。

パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)

パラベンとは、石油から作られた合成保存料で、殺菌作用が高く、多くの化粧品や食品類などに使用されています。
抗菌性が高く、多くの微生物に対しての効果があります。

パラベン=体に悪い」と思っている方も多くいると思いますが、それは過去の話で、現在は安全性も検証されており、毒性も低いと言われています。

その他の防腐剤と比べても、極少量で高い防腐効果を発揮することができるので、多くの化粧品に使用されている理由でもあります。

また、パラベンはいくつかの種類に分けられるのですが、一般的に使用されているのは以下の4種類になります。

  • メチルパラベン
  • ブチルパラベン
  • エチルパラベン
  • プロピルパラベン

安息香酸

安息香酸は、香料として使用されている防腐剤で、安息香という天然樹脂の中に存在しています。
水に溶けにくい特徴があり、酸性がpH5以上になってしまうと、抗菌性が失われてしまいます。

微生物に対しての殺菌作用はないのですが、微生物の増殖を抑える静菌作用は高く、化粧品以外にも食品、などに使用されている防腐剤になります。

安息香酸ナトリウム(安息香酸Na)

安息香酸は、水に溶けにくいのですが、それをナトリウム塩にしたのが安息香酸ナトリウムで、水に溶けやすいのが特徴です。

効果は安息香酸と変わらず微生物の繁殖を抑える静菌作用が高く、酸性がpH8以上になると抗菌性がなくなります。

化粧品以外にも栄養ドリンクなど、多くの栄養成分が含まれている飲み物などに安息香酸ナトリウムは使用されています。

栄養ドリンクに含まれていても、人体に害があるレベルではないので安心してくださいね。

デヒドロ酢酸ナトリウム(デヒドロ酢酸Na)

デヒドロ酢酸ナトリウムは、水溶性の防腐剤です。

水やグリコールには溶けますが、エタノールにはわずかに溶けるくらいです。

防腐剤ですが、パラベンの様な殺菌作用はなくカビなどの微生物の発育を抑制する静菌効果があります。
「カビ・酵母・グラム陽性菌」には効力を発揮しますが「乳酸菌・偏性嫌気性菌・グラム陰性菌」などへの効果は弱い特徴があります。

化粧品では、主に化粧下地などに配合されています。
また、安全性の面に関しても副作用などが報告されたこともないので、人体に影響は無いとされています。

ヒノキチオール

ヒノキチオールは、台湾ヒノキの精油から見つかった薬効成分で、日本の樹木では、青森ヒバの樹脂から抽出できます。

抽出した樹脂を精製し、アルコール類に溶けやすくヒバ特有の香りがあるのが特徴です。

抗菌力に高いため、防腐剤として皮膚細胞などへの刺激も強いため、ニキビケア化粧品やフケ、かゆみ防止、育毛目的でのヘアケア製品などで使われています。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは、アルコールの一種です。フェノキシエタノールは、玉露の式成分として発見された成分で、主に化粧品の防腐剤として使用されています。

その他、香水の香りを保つための保留剤としても使用されています。

防腐剤としてはパラベンと比較されることの多いフェノキシエタノールですが、基本的にパラベンより劣る成分になります。しかし、パラベンが効きにくい、グラム陰性菌に対して有効なのです。

化粧品に使用される場合はパラベンよりも少し多めに使用されています。

防腐剤フリーの注意点

注意を促す女医

防腐剤フリー=安心・安全」というイメージがあり、防腐剤の中でもパラベンが悪役になっていますよね。

パラベンなどの防腐剤を使用しないで化粧品を作るためには、アルコールやエタノール、グリセリンなどを高濃度で使用しなければなりません。

しかも、防腐効果は弱く、人によってはアルコールなどで肌に刺激を感じる人もいます。
防腐剤フリーだからといって、全てが安全ではないので、その点を注意して化粧品を選ぶことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

防腐剤は、化粧品だけではなく多くの食品など、私たちの日常に溢れています。
また、防腐剤が全て悪いわけではないので、化粧品を選ぶ際は「防腐剤が入っているから使用しない」ではなく、なぜ防腐剤が必要なのか?ということを考えてみてくださいね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です