ビタミンCとビタミンC誘導体って何が違うの?特徴や効果とは?

毎日、使用しているスキンケア用品ですが…成分をじっくりみたことがありますか?

私を含め多くの女性が、それほど成分をじっくり見ることは無いかと思います。
ですが、配合されている成分を知ることで肌トラブルの防止や改善に繋げることができます。

今回は、そんな成分の中から『ビタミンC誘導体』について詳しく紹介していきたいと思います。
多くのスキンケア用品に含まれているビタミンC誘導体ですが、その効果や特徴などをまとめてみました。

ビタミンC誘導体とは?

オレンジと女性

ビタミンC誘導体とビタミンCって何が違うの?
と思ってしまう方も多いかと思います。

ビタミンCは安定性が悪いため、水に溶かしてしまうと壊れてしまい、空気に触れると酸化し、その効果が失われてしまう成分です。そのため、化粧品に混ぜて使用するとビタミンCの成分が壊れてしまい、安定して効果を出すことが難しいとされていました。

そこで、開発されたのがビタミンC誘導体になります。
ビタミンCを人工的に改良し「誘導化」することで、水に溶けても空気に触れても安定して効果を発揮することができるのが、ビタミンC誘導体なのです。

ビタミンCの特性はそのままに、改良を加えデメリットだけを取り除いた成分なのです。
そのため、皮膚への浸透もしやすく、浸透した後にビタミンCへと変化する特徴を持っています!

ビタミンCの美容効果

果物などに豊富なビタミンCですが、ビタミンC誘導体を使用して肌内部にビタミンCを届けると以下の様な効果を期待することができます。

  • メラニン色素の還元作用…シミの原因のメラニンを還元することによりシミを薄くする効果が期待できます。
  • 抗酸化作用…老化の原因とも言える活性酸素を抑える力があります。
  • 新陳代謝の促進作用…肌の生まれ変わりターンオーバーを促進する働きがあります。
  • 皮脂分泌のコントロール…ベタベタ、テカテカと皮脂が過剰分泌されている状態を抑える効果があります。
  • コラーゲンの生成促進…ハリや弾力に必須のコラーゲンの生成を促す効果が期待できます。

高い美白作用

ビタミンC誘導体は、チロシナーゼという酵素の働きを抑える効果もあるので、メラニン色素の発生を抑制します。
ちなみに、美白成分の中で、厚生労働省に認可されているのは、ビタミンC誘導体のみです。

老け顔の原因、シワやたるみ

コラーゲンが入っている化粧品を使用しても、化粧水に含まれるコラーゲンの分子が大きいため、真皮に存在するコラーゲンを補うことはできません。

ですが、ビタミンC誘導体はコラーゲンを増やす働きを促す事ができます。
肌のハリやたるみが気になる場合は、ビタミンC誘導体が含まれたスキンケア用品がおすすめです。

テカテカ、ニキビ肌を改善

ビタミンC誘導体には皮脂の過剰分泌を抑える作用があります。
ニキビの原因、アクネ菌は皮脂が大好きなので脂性肌の方はニキビができやすい傾向にあります。

なので、皮脂を抑えることによりニキビの防止に繋がります。
その他にもビタミンC誘導体の抗酸化作用によって、ニキビの炎症の原因を取り除き炎症後の色素沈着も防いでくれるのです。

ビタミンC誘導体の種類と特徴

肌表面にビタミンが浸透する様子

ビタミンC誘導体には3つの種類が存在します。
それぞれの種類と特徴について説明していきます。

水溶性

水溶性のビタミンC誘導体は肌への浸透性が高く、主に化粧水などに使用されています。
化粧品の成分一覧には、以下の表記で記載されています。

  • アスコルビルエチル
  • アスコルビン酸グルコシド
  • リン酸型ビタミンC

油溶性

油溶性のビタミンC誘導体は、水溶性のものに油を結合させているので、主にクリームなどに使用されています。
化粧品の成分一覧には、以下の表記で記載されています。

  • テトラヘキシルデカン酸アスコビル
  • ステアリン酸アスコビル

水溶性・油溶性、両方の性質を持つもの

APPS(アプレシエ)と呼ばれていて、水溶性と油溶性、両方の特性を持ったビタミンC誘導体です。
特に浸透力に優れており、角質層より下の真皮層にも届くと言われています。その浸透力は水溶性の100倍にもなるそうです。
化粧品の成分一覧には、以下の表記で記載されています。

  • アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸

ビタミンC誘導体の注意点

アドバイスを行う女医

美肌効果の高いビタミンC誘導体ですが、使用するにあたって注意するポイントがあります。

保湿力が低く乾燥しやすい

保湿力が低いため、肌につけるとすぐに蒸発してしまいます。しかも、その際に肌の潤いも一緒に蒸発させてしまうので、肌の乾燥の原因になります。

また、刺激も強いので敏感肌の方にはおすすめできない成分です。

おすすめの使い方

ビタミンC誘導体は顔全体に使用するのではなく、気になる部分に塗って、その上から顔全体に保湿効果の高い化粧水などを使用すると乾燥が気にならなくなります。

まとめ

いかがでしたか?

ビタミンCとビタミンC誘導体の違いをわかっていただけたかと思います。
また、ビタミンC誘導体は大きな美容効果が期待できますが、肌の乾燥を引き起こすデメリットもあるので、使い方を工夫する必要があります。

ニキビやシミなど肌トラブルに悩んでいる方は、この機会にぜひ使用してみてはいかがでしょうか?

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です