化粧品と薬用化粧品にはどの様な違いがあるの?その違いを徹底調査

化粧水や乳液などスキンケア用品を購入するさいに「化粧品や薬用化粧品」といった表示を目にするかと思いますが、この意味知っていますか?

なんとなく、薬用って表示があると「効果がありそう」と感じてしまいますよね!
ですが、この2つには明確な違いがあります。

今回は、化粧品薬用化粧品の違いについて、わかりやすくまとめてみましたので、今後のコスメ選びに役立てて頂ければ幸いです。

化粧品・薬用化粧品とは?

まず化粧品と薬用化粧品について特徴などを詳しくみていきたいと思います。
なんとな〜く使用している方はぜひチェックしてみてくださいね。

化粧品とは

化粧品と言われると、どの様なものが思い浮かびますか?
化粧水や乳液、美容液、ファンデーション、保湿クリーム…などなどが思い浮かぶと思います。

その他にも、実は歯磨き粉やシャンプー、ボディーソープなども化粧品に含まれるのです。

なんでも化粧品と言っていいの?
と疑問に思いますよね。

化粧品は薬機法という法律で定義されており、なんでも化粧品として扱ってはいけないのです。
その定義されている内容が以下になります。

『化粧品とは人の身体を清潔にし、魅力を増し、容貌を変え、
又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布
その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされているもので、
人体に対する作用が緩和なものをいう。』

この様に定義されているのですが…わかりにくいですよね。

簡単に言うと「人を美しく導くもので、劇的に作用してはいけない」ってことなんです!
例えば、シャンプーやリンスは継続して使用することで髪がサラサラになりますよね。1〜2回使用しただけで髪が急にサラサラになることはありえません。

もし、急に変化が起こるなら化粧品として認められなくなります。
使用されている成分に問題があるので、おそらく体にも大きな負担が掛かる可能性が高いからです。

薬用化粧品とは

化粧品に比べて、薬用化粧品は「よく効きそう」「普通の化粧品より良いかも」というように化粧品より1つ上のレベルで見てしまいますよね。

薬用化粧品は「◯◯を治す」という効果はなく「◯◯の予防する」という効果を表示するこができます。
例えば「シミ予防」や「ニキビ予防」「毛穴対策」と言ったことを言えるのです。

また、薬用化粧品と医薬部外品は同じものになります。
薬機法では薬用化粧品というカテゴリーはなく、医薬部外品として扱われています。なので、薬用化粧品=医薬部外品と認識して下さい。

ポイントは「治す」ではなく「予防」を目的として作られている製品なので、ニキビ予防やシミの予防などに使用すると良いでしょう。

もし、治したい場合は医薬品の使用もしくは病院を受診することをおすすめします。

化粧品と薬用化粧品(医薬部外品)の違いとは?

化粧品と薬用化粧品(医薬部外品)の大きな違いは「有効成分」が配合されているかいないかによって異なります。薬用化粧品の場合は商品の箱に医薬部外品と記載が必ずされているので、チェックしてみてください。

その他、化粧品は「医薬品医療機器等法」により含まれている全ての成分を表示しなければならない義務がありますが、薬用化粧品は日本化粧品工業連合会など「業界団体の自主基準」で成分表示をしているという違いがあります。

化粧品と薬用化粧品(医薬部外品)どちらを選ぶ?

化粧品と薬用化粧品(医薬部外品)の違いを見てみると、薬用化粧品の方が良いようなイメージがありますよね!

ですが、ちょっと待ってください!

先程、紹介しましたが薬用化粧品(医薬部外品)には全成分の表示義務がなく、指定表示成分のみの表示だけで良いのです!
逆に化粧品は全ての成分の表示が義務付けられています。

さらに…薬用化粧品(医薬部外品)は決められた成分が『一定濃度』配合されていますが、化粧品は配合量は定められていません。

となると、薬用化粧品(医薬部外品)は記載されていない成分も含まれている可能性があるということになります。
薬用化粧品だからと、なんでも安心して使用していると肌に合わない成分が入っていた場合、肌トラブルが起こる可能性があるかもしれません。

薬用化粧品の方が化粧品よりも有効性が高いと言われていますが、どの様な成分が入っているのか分からないので、しっかり吟味することが重要になってきます。

とはいえ、あまりにも危険な成分が入っているわけではないのでそこまで神経質になることはないのですが、どうしても気になる方は、使用する前にパッチテストをすることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

化粧品薬用化粧品(医薬部外品)の違いを知って頂けたかと思います。

化粧品と薬用化粧品では、定められたルールの違いがあるので使用する前には必ず、どの様な効果が得られるのか、気になる成分が入っていないか、成分に不安があるならパッチテストを行うなど、自分で試してみると良いでしょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です