化粧品・薬用化粧品・医薬部外品その違いは?上手くコスメを使いこなすために知っておきたいこと

化粧品には色々な種類が存在しますが、あなたはそれらの明確な違いを知っていますか?

例えば、化粧品と薬用化粧品は何が違うのか?また、どの様な効果を肌にもたらすのか?
詳しく知っている方は少ないと思います。

その他にも医薬部外品と表記のあるコスメもありますよね。

今回は、化粧品薬用化粧品医薬部外品をそれぞれどの様な違いと特徴があるのかを詳しくまとめてみましたので、今後の化粧品選びにぜひ活用してみて下さい。

化粧品・薬用化粧品・医薬部外品とは

疑問を持つ女性

化粧品には「薬用」や「医薬部外品」といった表記があります。これらは医薬品医療機器等法で定められている3つの分類(化粧品、医薬部外品、医薬品)でその種類が分かれています。

どの化粧品を使用するか選ぶときは、成分の安全性や有効かどうかを決めるうえで参考になりますので、覚えておくと肌ケアに役立ちます。

では、それらがどの様な意味を持っているのか詳しくみていきましょう。

化粧品とは

医薬品医療機器等法=薬機法では、メイクやスキンケア用品、ヘアケア用品、香水、石鹸などが『化粧品』とされています。

また、意外かもしれませんが歯磨き粉なども化粧品です。ただし、石鹸は特別で「化粧石鹸」のみ化粧品扱いとされているのです。なので、洗濯洗剤や手洗い石鹸などは化粧品として認められていません。

薬機法では化粧品がどの様なものなのか、明確に記載されています。

「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの」であって、化粧石けん及び歯みがき類を除いたものをいう。

引用元 : 化粧品公正取引評議会「表示に関する公正競争規約

この文章のポイントは、「人体に対する作用が暖和なもの」という箇所です。
簡単に説明すると、化粧品は医薬品の様に効果があってはいけないということです。

なので「治す」ことはできないという意味です!
「ニキビを治す」「毛穴の開きを治す」この様に表現してはいけないのが、化粧品なのです。

治療が目的なら医薬品にバトンタッチしなさいってことなんですね!

薬用化粧品とは

薬用化粧品と記載があると「なんか効きそう!」と思ってしまいますよね。
普通の化粧品より効果があるはず…そんな薬用化粧品という分類は実は日本独自のものなんです。

では、一般的な化粧品と比べてどの様な違いがあるのかというつ「効果効能」(予防など)を表示することができるのが重要なポイントなんです。なので、薬用美白化粧水や薬用ニキビケアコスメ、などなど肌の悩み系の化粧品には薬用◯◯という表記がされている事が多いのです。

医薬部外品とは

医薬部外品とは、厚生労働省が許可した「効果・効能」に有効な成分が一定の濃度で配合されているものを医薬部外品と指します。

なので、治す事が目的ではなく、「予防」を目的として作られたものになるのです。

ん?それって薬用化粧品と同じでは…?
と思った方もいるかと思います。

実は、医薬部外品=薬用化粧品のことなんです。
薬事法には薬用というカテゴリーは存在しないので「医薬部外品」が正式な名称となります。

なので「ニキビが治る」はNG、だけど「ニキビを予防する」はOKなんです。
コスメに「◯◯を治す」という表記がないのはほとんどが医薬部外品に分類されているからなのです。

厚生労働省の認可をもらっているので、安全性は高いので安心して使用できるのが特徴です。

私たちの日常にある、医薬部外品はハンドクリームや育毛剤、制汗剤なども医薬部外品に含まれます。
また、医薬品に近い、ビタミン剤などお薬の中にも医薬部外品はあるのです。

化粧品と医薬部外品(薬用化粧品)の違いとは

女医

化粧品のポイントは、先程も紹介した「人体に対する作用が暖和なもの」なので予防することもできません。
「肌に潤いを与える」などが化粧品の限界になってきます。なので、商品にも治るや予防などの文言を記載して販売することは禁止です。

医薬部外品は、化粧品より少しランクが上なので、穏やかな薬用作用が認められた成分が配合されているので「有効成分」や効果・効能を商品に表示することができます。

例えば、「ニキビを予防する」や「美白効果がある」「シミを防ぐ」などの表現が許されているのです。

ただし、注意して頂きたいのが医薬部外品であっても「治る」「改善する」など劇的に変化する様な表現をしては絶対にいけません。薬用化粧水に「肌荒れを治す」「シミが治る」などの、表記があれば薬事法違反になり処罰の対象になります。

この様な表現を使用するメーカーの成分は安心して使用できるものではないので注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

化粧品医薬部外品(薬用化粧品)の違いをお分かり頂けたかと思います。
今後、コスメを選ぶ際はどの様な表記がされているのかを詳しくみてみると、あなたの肌も今よりもっときれいになるかと思いますよ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です